男の人

平和的解決ができる家族信託を知っておこう

相続対策の新しい手法

メンズ

終活としての資産整理

近年は生前整理の普及やエンディングノートの流行など、いわゆる「終活」に対する関心が高まっています。これは、1つにはこの世に未練を残すことなくさっぱりとした気持ちで旅立ちの時を迎えたいという死生観の表れによるものです。そしてもう1つは、自分の保有する資産等を自らの手で整理しておきたいという、実際的な理由によるものです。家族信託もまた、こうした「終活」の1つとして注目を集めています。家族信託は、家族や親族に対して資産を承継させるための手法です。遺言と似たような効果がありますが、遺言よりも手続きが簡便で、しかも内容の自由度が高いというメリットがあります。現在では弁護士・税理士・信託銀行などがこの制度の運用に関するサポートを行っています。

自由度の高さがメリット

家族信託は、資産を有する者がその資産を家族等に預け、管理や処分を依頼するという制度です。たとえば自家を所有している人が、高齢になって判断能力の低下に不安を感じたとします。その場合は家族の誰か、たとえば長男に資産を委託すれば、詐欺被害などに遭って家を失うといった心配をすることなく、安心してその家に住み続けられます。この場合、讓り渡すのは資産そのものではなく管理権のみなので、贈与税は発生しません。また家族信託は、自分の死後の資産の取扱いについても指定できます。そのため、たとえば長男の精神面に不安があり、相続した資産を適正に管理できない可能性があるとします。その場合は次男に管理を委託し、長男には月々必要な生活費のみを渡すようにといった指示をすることもできます。

手軽に確定申告

レディー

サラリーマンでも確定申告が必要となる場合があります。しかし仕事の都合で確定申告を自分で行う暇がない場合は困ってしまいます。そのような際は税理士に依頼して確定申告を代行してもらいましょう。サラリーマンの確定申告であればリーズナブルに行うことができるので、安心して税理士に依頼することができます。

もっと見る

容疑者の利益になるように

相談

刑事事件の容疑者の利益になるような事実を、取り調べ中や裁判中に探して裁判で不起訴や起訴猶予に持ち込んでいくのが、弁護士の仕事です。警察や検事は権力や数の力で捜査ができますが、弁護士は地道な調査が必要になってきます。

もっと見る

法的な問題の相談

男の人と女の人

港区で法律に関する問題で悩まれている方は、弁護士に相談なさることをお勧め致します。区でも無料相談や相談窓口の案内がありますので、よく確認なさることが大切です。インターネットを活用されると法律事務所を探しやすいのが特徴です。

もっと見る